トゥデイのエンコを職場で直す!

エンジンフォーミング

トゥデイ(AF61)にお乗りのお客様からのご依頼。

エンジンはかかるが、アクセルを開けると止まる。

これ、よーくある事例なんです。

アクセルを開けると止まる原因

いろいろなケースが考えられます。

筆頭にあがるのが、エアフィルターの汚れ、雨水混入、詰まりですね。

空気とガソリンを混ぜた混合気がエンジンのえさです。

エアフィルターが汚れていれば、えさである空気が入らないわけですから、そりゃ止まりますよね。

アクセルを開けるという行為は、おーし!これからがんばるでー!って指令なわけですが、えさが入らないのでそれに応えられない。

会社内修理

ただ、今回のお客様の場合、その要因は知っていたようで、事前にエアフィルターは大丈夫です。 と聞かされておりました。

話し早いです。

古いプラグ

あとは、プラグ。

ま、これは事前準備として、交換するのは損はないコトなので、やっちゃいます。

そして、少し重い症状となりますが、キャブレターを疑います。

この型式のトゥデイ(AF61)はキャブレター車となりますので、当然、考えられる要因です。

トゥデイエンジン修理

メットインボックスを外して、キャブを露出。

エンジンフォーミング

エンジンフォーミング注入

あまり不用意に分解はせず、まずは、インテークの負圧パイプよりエンジンフォーミング剤を注入しバルブを動きを良くし、様子をみます。

今回は、改善が無かったので、キャブ本体を分解し、スロージェットを清掃。

ブルン!ブルーン!

と改善しました。

原因は、エアフィルターから入った長年の微量なゴミが蓄積して、スローを詰まらせたのでしょう。

試乗テスト

最後は、試乗チェックを行って頂き、ご納得の上、ご精算となります。

もし、同じような症状でお困りのユーザーさま、ご依頼お気軽に。

バイク出張修理 関東StealHeart

バイクの突然のエンジンストップ・・・

タイヤ摩耗によるパンク・・・

キーのいたずら、紛失・・・

放置したバイクがエンジンかからず・・・

これ、ぜんぶ関東StealHeartが解決します!

出張修理であなたの大切なバイクをその場で直す。
出張修理ならではの迅速な対応。
出張修理だからむしろバイクを痛めない。

そんなかゆいトコロに手が届くサービス、それが、関東StealHeartのバイク出張修理サービスです。

バイク出張修理の関東StealHeartへ

SNSでもご購読できます。