型式認定番号と車体番号の場所~ホンダ・TODAY(AF61・AF67)~

とにかく、一番売れている原付はなにか知っていますか?

だいたいわかりますよね~

ホンダのトゥデイです。

ただ、トゥデイでも、二世代となっているので、型式に二種類あります。

トゥデイの車体番号の打刻位置

AF61 と AF67 これが、トゥデイの型式になります。

見分け方は、AF61 には燃料計がありません

ガソリンが無くなると黄色いランプでお知らせします。

対してAF67 は、燃料計が付いているので、ガソリンの量が正確にわかります。

これで判断するとイイでしょう。

もちろん、自賠責書類などを確認するのがベストです。

でも、キーのいたずら時など、車体番号を確認できない場合もありますので、そんな時に、車体自体から直接車体自体、車台番号を知る方法があります。

フレームの打刻位置を知るコトです。

これは、トゥデイAF61もAF67も同じ位置に打刻されています。

車体番号の場所

車体右側に立ち、マフラーの付け根辺りを覗き込み目を凝らすと見えます。

車体番号打刻の場所

AF61-○○○○○○○ もしくは、AF67-○○○○○○○

これが、車台番号もしくは、車体番号と言うモノで、部品注文時や我々、出張修理業社に故障を伝える時に役立ちます。

トゥデイの型式認定番号

さらに、これは、特殊な場合に必要になるのですが、国産メーカーの原付バイクには、型式認定を国から受けているので、この個別の番号があります。

これは、先程のAF61とAF67で変わるのですが、打刻シールが貼られている場所は、同じです。

型式認定番号の場所

先程のフレームナンバーの場所から、もう少々前方に行ったトコロ、要はステップ下部になりますが、フレームにシールが貼られています。

AF61 が 1-1719

AF67 が 1-1808

これが、型式認定番号となります。

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


バイク(整備・修理) ブログランキングへ

バイク出張修理 関東StealHeart

バイクの突然のエンジンストップ・・・

タイヤ摩耗によるパンク・・・

キーのいたずら、紛失・・・

放置したバイクがエンジンかからず・・・

これ、ぜんぶ関東StealHeartが解決します!

出張修理であなたの大切なバイクをその場で直す。
出張修理ならではの迅速な対応。
出張修理だからむしろバイクを痛めない。

そんなかゆいトコロに手が届くサービス、それが、関東StealHeartのバイク出張修理サービスです。

バイク出張修理の関東StealHeartへ

SNSでもご購読できます。