【マニュアル】メットインボックスの取り外し手順 | ジョルノ2st(AF24)

ジョルノ2st

先日、ジョルノ(AF24)2サイクルのタイヤ交換がありました。

タイヤ交換を行う時やエンジンなどのメンテナンス、キャブ洗浄などを行う際にメットインボックスを外す必要性があります。

今日はそこをレクチャーしてみましょう。




ジョルノ2stのメットインボックス外し

このメットインボックスの取り外し方法ですが、まず、工具は、

10mmラチェットボックス・#2プラスドライバー です。

シートロック脇のネジ
【PR】国産 ホンダ ジョルノ AF24 ブラック×ホワイト 専用シートカバー 口ゴム式で被せるだけ 日本製厚手

シートを開け、正面、シートロック部脇の2本の10mmネジを外す。

ジョルノメットインボックス取り外し手順
【PR】KTC(ケーテーシー) ネプロス T型 レンチ NHT-10

ボックス底部の10mm2本と、シートヒンジ部脇の2本の#2プラスビスを外す。

ジョルノメットインボックス取り外し手順
【PR】DURO(デューロ) バイクタイヤ スクーター用 DURO 80/100-10 46J HF261 T/L

オイル給油口と、その奥のゴムを外す。

実はココが肝。

オイル給油キャップを外し、その下に漏れ止めのタメについているゴムをちゃんと外しておくと、あとでボックスがすんなり外れてくれる。

ジョルノメットインボックス取り外し手順
【PR】

これで、メットインボックスを上方へ持ち上げて、外す。

ジョルノメットインボックス取り外し手順
【PR】Facom 六角ソケット Deep 10mm R.10LA

外れると、かなりのメンテナンスが出来るようになるだろう。

いかがでしたでしょうか?

意外とこのボックス自体が外れると思っていないユーザーも多いのではないでしょうか?

多くのメンテナンスができるようになりますので、ご自分のスクーターで挑戦してみたらどうでしょう?

バイク出張修理 関東StealHeart

バイクの突然のエンジンストップ・・・

タイヤ摩耗によるパンク・・・

キーのいたずら、紛失・・・

放置したバイクがエンジンかからず・・・

これ、ぜんぶ関東StealHeartが解決します!

出張修理であなたの大切なバイクをその場で直す。
出張修理ならではの迅速な対応。
出張修理だからむしろバイクを痛めない。

そんなかゆいトコロに手が届くサービス、それが、関東StealHeartのバイク出張修理サービスです。

バイク出張修理の関東StealHeartへ

SNSでもご購読できます。