原付のタイヤにも回転方向がある

タイヤパターン

本日の出張修理は千葉県の流山市。

出張エリアとしては、県違いとは言えど近いと言える地域。

今回は自宅マンション内での修理となります。

原付タイヤの回転方向を守る

珍しいと言える、フロントタイヤのパンクだ。

マンション駐車場修理

バーストというほどでもないが、パンクした時には、「バン!」っと音がしたそうだ。

フロントタイヤのバースト、舐めてはイケない。

舵を取ってるだけあって、バースト時にハンドルを取られ、電柱にぶつかる。とゆーコトだって考えられます。

タイヤのひび割れ

やはり、こんな風にひび割れが見受けられるモノは、早めに交換したいモノだ。

タイヤが硬くなったりする冬場は、特にタイヤの性能が試される季節なので。

それだけに、注意したいのは、実は、回転方向だ。

タイヤにも、回転方向があり、進む回転に合わせて組み込む必要性があるのだ。

逆に付けるとどうなるか?

タイヤパターン

雨の日なんかに水捌けが悪かったりする。

スリップしやすくなったり、横Gに対して、しっかりと考えられているタイヤもあるので、しっかりと回転方向を整えて作業したい。

タイヤ進行方向

タイヤの脇を見ると、「ROTATION→」ってマークがあるので、しっかりと守りたいモノだ。

バイク出張修理 関東StealHeart

バイクの突然のエンジンストップ・・・

タイヤ摩耗によるパンク・・・

キーのいたずら、紛失・・・

放置したバイクがエンジンかからず・・・

これ、ぜんぶ関東StealHeartが解決します!

出張修理であなたの大切なバイクをその場で直す。
出張修理ならではの迅速な対応。
出張修理だからむしろバイクを痛めない。

そんなかゆいトコロに手が届くサービス、それが、関東StealHeartのバイク出張修理サービスです。

バイク出張修理の関東StealHeartへ

SNSでもご購読できます。